はじめてトイレを詰まらせたときの解決手順

まず掃除道具をスタンバイしましょう

トイレの詰まりは汚水が溢れ、床など便器の外まで汚れてしまうことがあります。もし水がゆっくりと流れるような詰まりの状態で「溢れることはないかな?」と思えても水ハネなどで汚してしまうことがあるので掃除用具は準備しといた方が安心です。床には新聞紙かビニール袋を引いてください。あとはぞうきんと、ぞうきんをしぼるためのバケツです。ゴム手袋もあった方が良いですね。詰まりの原因が排泄物で匂いが発生してるときはマスクもあると心強いです。

ラバーカップの基本的な使い方

トイレ詰まりのほとんどはラバーカップで解決できます。(おもちゃや紙オムツなどの固形物は無理ですよ)スーパーやホームセンターで手に入ります。使い方はまず、ラバーカップの先を排水溝の入り口を防ぐようにかぶせます。そのときラバーカップ全体が水をかぶるようにします。水かさが足りない場合は水道水を足せばOKです。排水溝に静かに押し付け、ぐっと力を入れて引き抜きます。これを数回繰り返すと詰まりを解消することができます。

トイレの詰まりにも保険が使える?

ラバーカップで効果がなければ何か固形物を流してしまった可能性が考えられます。水道局か、地域の業者にお願いしましょう。もし、あなたが「トイレの詰まりが補償された保険」に入っていればお得なのでしっかり利用しましょう。実は、賃貸契約時に保険に入ったのにも関わらず保険の内容を把握していない方が結構いるのです。賃貸契約時に自宅の総合保険などに加入している方は多いですが、総合保険のなかに水回りのトラブルも補償されてることがあります。覚えがある方は一度確認してみて下さい。

水漏れを発見したら、被害が広がる前ににすぐに水道会社に連絡をしましょう。水道まわりは毎日使用するものが多く、生活に支障が出るため、対処はなるべく早い方が良いです。