営業は必要最低限でいい!?アポ取りを外注すること

アポ取りを外注すること

知らない人から電話をもらった際に男性からもらった場合と女性からもらった場合に、相手が感じる印象が違ってくることが多いです。男性よりも女性から電話をもらった方が話を聞いてくれる可能性が高く、そのために営業の電話では女性からもらう機会が多いと言えます。そのために企業が営業のアポ取りのために電話をする際に自社の男性営業社員がするのではなく、外注して女性から電話をしてもらいアポ取りをおこなうケースが多くなっています。

営業は説明をおこなうだけ

そのような需要もあって、コールセンターのサービスのひとつの営業のアポインターがあります。依頼を受けた企業名にて電話をしてアポを取るまでをおこないます。アポが取れれば詳細な内容や実際に伺って説明をするのは、依頼をした企業の営業が直接おこなうことになります。企業の営業としても電話をかけてアポを取るという作業を割愛できて、アポが取れた相手先だけと交渉をおこなうことになるために、効率的に仕事ができて、かつ精神的にも楽に感じることが多いです。

企業にとっても効果的な仕組み

そのような背景もあって、企業がかかえる営業員も最小限に抑えることができて、企業としても固定費である人件費を抑えることができます。また営業のアポ取りを依頼するにしても、契約においてはアポが取れた数によって契約金が変更になるために、余計なリスクを企業が負うこともないことが多いです。最近の営業電話では電話で説明をおこなうのではなく、説明に伺いたいので日程を組んで欲しいという旨の物が多いのは、そのような外注先が企業名を名乗ってかけているケースが多いためです。

営業代行は成功報酬型のサービスも存在しており、初期費用を気にすることなく営業力の強化が可能になります。