秘書を抱えるなら派遣がお勧め!その理由と内容を分かり易く解説!

費用を抑える事が可能

自社で秘書を雇う場合は、秘書に給料を直接支払う事に繋がりますが、給料以外にも福利厚生費などの費用が発生しますよね。社員として雇うのであれば、ボーナスも支払わなければならず、負担を大きく背負う事になりますよ。秘書に限らず、多くの企業で派遣社員を利用しているのは、企業にとって利益を生み出してくれる物であり、秘書の派遣も同じ様な事が言えますよね。経験も少ない秘書を利用するよりも、派遣会社が磨き上げた人材を直接利用する事が出来るため、秘書の教育費を抑える事も可能になりますよ。

自社の秘書は情報漏洩の危険なリスクを抱える

自社の秘書と言うのは、同じ会社で働く仲間として絆が高く、その事によって士気も高まっていると思ってしまいますが、それが誤った考えになってしまう事もありますよ。仲間意識と言うのは、時と場合によては馴れ合いを生み出し、緊張が解け、大切な情報を社内に漏らせてしまう可能性がありますよね。派遣会社の秘書は、あくまでもお客様の下で仕事を行う物であり、その緊張感が仕事に対する意識を高めてくれますよ。この緊張感は、集中力を高めてくれる場合があり、情報漏洩に対する見えにくい内容についても指摘をしてくれる事も考えられますよね。

派遣会社の秘書は変える事が容易で質が高い

自社の秘書と言うのは、一度雇ってしまえば、使えない人材と分かっても直ぐに辞めさす事はできませんよね。派遣会社から派遣されている秘書であれば、人材を違う人材に変える事も可能になる場合がありますよ。秘書と言うのも、人であるため風邪を引いたりして仕事を休まなければならない事も起きてくる可能性がありますが、派遣会社であれば、代わりの人材を用意してくれますよね。自社の秘書にとってのお客様は、会社に対するお客様になりますが、派遣会社のお客様は依頼をされる方と、派遣先の会社のお客様の両方になり、この両方のお客様に対して満足できる様に日々切磋琢磨と磨いていますよ。磨くと言う意識が高いため、質の高い秘書を側に置く事が可能になります。

働き方の1つとして、秘書の派遣というものがあります。派遣会社に登録して、秘書を募集している企業で、派遣社員として働きます。また、通常の社員と同様に即戦力を求める傾向にあります。