賃貸オフィスは色々なところにありますから

安く借りることができるところも

レンタルオフィスは意外なところで貸している場合があります。その意外なところとしては、自治体があります。自治体が地域振興として廃校などを利用してし、オフィスをして貸し出している場合があります。これはずっと借りることができるわけではないですが、物凄く安く貸しています。別に儲けることが目的ではなく、事業を増やすのが自治体として目指したいからです。それをよく認識して、数年単位の事業計画を立ててから借りることです。

民間のレンタルオフィスを借りる

民間のレンタルオフィスを借りるのが当たり前です。自治体がやっているところはよいですが、そうでない場合は民間のオフィスを借りることになります。まずは広さと費用から絞り込むことが大事になります。そうすることが失敗しないコツです。それと年単位で借りることになる可能性が高いです。敷金や礼金もありますし、少なくとも数ヶ月分の賃料を支払うことになります。契約的に二年くらいで更新をすることもあります。そこが大変です。

オフィスは借りるほうがよい

自前でオフィスを持っていることが実はとてもよいです。しかし、それでもレンタルの方が良いです。これは事業が拡大したら、広いところに引っ越すことができます。または、事業を縮小したら、小さいところに引っ越すことができます。そうした柔軟性があるので、借りることのほうが買うよりもメリットがあります。事業はどうしても先行きがはっきりとわからないわけですから、自前でオフィスを造るよりも借りたほうがリスクが低いです。

福岡の賃貸事務所では、事務机や椅子、コピー機などの事務用品も貸してくれるので直ぐに働くことができます。