フランチャイズの選び方をよく考えてみよう

フランチャイズを選ぶ前に

サラリーマンだった人が脱サラをしてフランチャイズのオーナーになった事例がたくさんありますね。近所のコンビニのオーナーももしかしたら元々サラリーマンをやっていてフランチャイズで独立したのかもしれません。フランチャイズはサラリーマンをやっていた人でも独立をすることができる点で魅力的だと言えます。ただし、ただ会社員が嫌だからという理由でフランチャイズを始めてもなかなかうまくはいかないでしょう。まずはフランチャイズを始める前には方向性を定めておく必要があるのです。

何をしたら幸せになれるか

フランチャイズを始めるときにはどうしてもどこのフランチャイズが初期費用がかからないか、どんな業種がはやっているのかだけで決めてしまいがちですが、フランチャイズのオーナーになるということは365日お店のことを考えているのが普通です。それならば、自分の本当にやりたい業種を選ぶです。そして、家族がいるならば、自分が毎日生き生きと仕事をしてい姿を見せられるようなフランチャイズを選ぶべきです。そうすれば家族もきっと幸せになれるはずです。

面倒見のいい本部を選ぼう!

そうはいっても好き嫌いだけでは仕事はできないのが現実です。好きな仕事をするという考え方は大事ですが、それだけでなく仕事が軌道に乗るように本部も選ぶ必要があります。フランチャイズにはさまざまなお店がありますが、その本部にもしっかりとした実態のあるところと、名ばかりのところがあります。もし、後者を選んでしまったらお金をどぶに棄てるようなものです。本部を選ぶときには毎回フォローを入れてくれるところや、お店の経営について相談体制ができているところを選ぶべきです。そのためには事前に加盟店の評判や口コミを調べて起きましょう。

代理店制度は有名企業の名前を使って商売が可能な事から、最初から一定の集客が見込めます。独立開業を目指す人にとっては魅力的な制度と言えます。